Please reload

ソーシャルメディア

March 31, 2019

 もうかれこれ30数年確定申告の際の職業欄には音楽制作と書いているが、商業音楽にはほとんど無縁なので特に目立つ事も看板をあげる事もなく、じわ〜っとやってきた。

 2年前に自宅兼仕事場をリフォームしてちょっと居心地が良くなり自分自身もそれなりの年齢になったので、これからいよいよ仕事が出来なくなるまでの期間もう少しキチッと自分の活動を広報しよう、なんて思い始めてまずはこのホームページを立ち上げて、Google上で自分の拠点STUDIO Yを登録すると共に看板を作ってくれる人を探していた。

 そんな折、去年の10月初旬、以前から存じ上げている...

October 23, 2018

 10月3日、クリーニング中の不注意でDL-103の針を折ってしまった。どショックな一件。

 新しいカートリッジを買おうとも思ったけれど気に入っていたし、MCカートリッジの場合針交換はメーカーがカートリッジごと下取り交換してくれるシステム。ぼちぼち針交換の時期だった事もあり椿オーディオに持ち込んで交換を依頼した。ここに行くと色々なブツに目移りしちゃってヤバい。暫し徘徊してなんとか大人しく帰宅。

 戻って来るまでの2週間はMMとMONO針のDL-102で過ごす。

  聴き古したレコード用にAudio TechnicaのMMを持っていたが...

May 26, 2018

現在の手持ちアコースティック・ギターは

  • Lowden F32 Custom

Medium Gageを張って主にOpen D、DADGADで使用。

  • Yamaha LS36

Light Gageを張ってRegular、Drop Dで使用。

 それぞれキャラも違うしこれで十分という内なる声も聞こえてくるが、ある日突然「普通の体格の人がギターを弾く感覚」ってどんなんだろう?今更ドーピングしようが何しようが、体は縮まって行く段階にきている僕としては、ちっさいギターを持ったらわかるのかな?、なんて思ってさ。(時々普通のギターが...

December 21, 2017

ナイロン弦の交換方法を紹介します。

今回はわかりやすい様に弦ごとに紹介します。

その前にブリッジへの取り付け方法を確認してみましょう。

ブリッジへの取り付け方

  • 巻弦は1回、3弦は2回、1,2弦は3回巻きつけると良いと思います。

  • 弦を押さえつけている場所はブリッジの上ではありません。必ずブリッジの後ろ側で押さえつけるようにしてください。(赤丸部分)

  • できるだけ緩みを取っておくと早くチューニングが落ち着きます。

今回は全編動画で解説します。

ナイロン弦をブリッジに取り付ける方法

6弦の取付方法

5弦の取付方法

4弦の取付...

December 15, 2017

久々の更新になってしまいました。(反省)

今回から具体的なコード進行のパターン(コードプログレッション)に突入する予定でしたが、「on Bassコードの説明をしておかないとイキナリ困るな」と思い直し、予定を変更してそちらを先に取り上げる事にします。

 ここで言う「on Bassコード」とは「GonB」とか「G/B」と表現され、最低音が指示されているコードの事を言います。例えば、G/B或はGonBの場合「コードはGですが最低音はB音にしてください。」という意味です。

その他「分数コード」とか「アッパーストラクチャートライアド」などと呼ばれ、...

November 7, 2017

前回は共通音(共通指)をテーマに幾つかのバリエーションを紹介しました。今回はいよいよ「バレー・コード」にチャレンジします。と言っても難しく考えることはありません。一言アドバイスをと言われれば「忍耐強く練習しましょう。」これだけです。

 どのくらいで定着するか?練習しなくてもいきなり速く走ることができる人もいるのと同様かなり個人差があります。が、僕の経験ではVol.1〜5で取り上げた様なオープンコードに親しんで「押弦の感覚」を身につけておけば思ったより簡単に「音が鳴る」ものです。「バレー・コード」が押さえられる様になるとあなたのコードボ...

October 26, 2017

引き続き「超入門-コードの押さえ方!」に関する記事です。

前回はVol.1、2の準備運動的コード練習をベースに、Gコードと連結される主なダイアトニックコードを練習しました。今回はより実践的なコードチェンジにチャレンジします。もう「超」はとってもいいかもね。

 難しく感じたらVol.1、2の基礎的な動きを復習してからチャレンジしてください。また大切なのは筋肉の緊張と弛緩です。特にコードチェンジの際には「押さえる」前に「脱力する」事を意識して練習すると良いです。「脱力」だけの練習をしても良いくらいです。

 それでは早速練習開始!

 

1. G -...